ロハス生活 COLUMN 

日本プロバイオティクス(株)社長・中川 優のロハス生活に関するコラムをご紹介します。 
皆さまのロハス生活のお役に立てれば幸いです。

2019年

8月

08日

残暑お見舞い申し上げます 令和の夏 その二

8月は台風発生件数が最高だそうですが、今年も台風が多いです。 
九州の方、豪雨もありましたが特にご用心ください。

台風がよく発生するフィリピン付近の海水温が高いようで、台風が発生し易くなっているとのこと。 
今年はエルニーニョ現象が発生していて西太平洋付近は海水温が下がり冷夏とみていましたが、早々に収束してしまい、それは梅雨明け前までの東日本地域で、日本全体としては決して冷夏ではなかったかと思っております。 
エルニーニョ=スペイン語で「少年」からしますと、 
「少年よ、もっと頑張ってペルー沖東太平洋の海水温を高めなさい!!」 
などと言いますと、日照不足で野菜高に困っていた方々にお叱りを受けましょうか・・

さて、前回の続きでして、いきなりですが戴きました鹿島神宮側の蕎麦、アド街で紹介された「竹やぶ」さんだったのですが、雰囲気も良くなかなか美味しかったです。

前回、触れました巨大な香取海が昔存在したとのことで、現在でも広範囲な水郷地帯となっています。 
ブラタモリでは屋形船で巡っていました。

その一角でしょうか、江戸情緒が残る「佐原」市。


江戸時代に全国をくまなく歩きまわり、かなり正確な日本地図を完成させた伊能忠敬でも有名です。記念館もありました。

しかし日曜日の夕方はかなり空いていて、寧ろ寂しいほど。 
その中で老舗の鰻屋さんだけに行列が! 
皆さん、夏は特に鰻がお好きなようです! 
私は車ですので夏バテ防止のノンアルコール甘酒のみ。江戸時代の知恵。

自動運転車よ、早く普及してこんな時でもビールを飲ませてください!!

(2019.8.8)

2019年

8月

06日

暑中お見舞い申し上げます 令和の夏

暑中お見舞い申し上げます。

皆様、令和の夏、お暑い中いかがお過ごしでしょうか。

実は日中は35・36度程度でしたら大丈夫な、寒さよりも暑さに強いタイプです。
ただし夜まで暑くて寝れなくなりますと、かなり体力を消耗してしまいます。
こちら植物も同じですので、菜園のマネジメントにお役立てください。

今は東京を離れ風通しのよい海辺の街におりますので、夜になるとよい風が吹き込んできて、エアコンもほとんどいらない感じです。
その代わり、気が付くと室内でクモの巣を発見したりしますので、虫達と共生している?
かもしれません。

8/4は久方ぶりにお休みでしたので、初「鹿島神宮」「香取神宮」へ参拝してきました。
お察しよい方、その通りです!
「ブラタモリ チバラキ(千葉と茨木を重ねた造語)の回」を拝見し、平安時代には3つしかなかった神宮の内、上記2神宮は伊勢神宮以外の2つだったという情報に触発されて出向いて参りました。番組では「チバラキは(東)日本の要!」との紹介です。

 

鹿島神宮

香取神宮

 

ご覧になっていない方への情報としましては、約1000年前は、利根川を入ってすぐの位置にある霞ヶ関や北浦から手賀沼・牛久沼までも入る巨大な「香取海」があったそうです。水運としての物流の一大拠点です。
そして「鹿島神宮」と「香取神宮」は、銚子から広がるこの香取海のほぼ入り口の両側にあり、香取海への出入りを監視するとともに、この以北のエリア=大和朝廷の勢力が及ばない蝦夷(エミシ)への軍事的拠点だったとのことです。

 

 

さてこの鹿島神宮はとても雰囲気のある神社でした。
本殿はそんなに大きな訳ではありませんが、敷地内は大木で溢れ、この時期でも涼しく感じられます。

 

 

また奈良公園の鹿は、なんとこちらの鹿が起源とのことです。
なんでも春日大社創建の際に多くの鹿が鹿島神宮から分霊を乗せて向かったそうです。

 

Kasuga_Deities_Departing_from_Kashima_Shrine_(Kasuga_Taisha).jpg

 

 

鹿島神宮の入口付近にあるバス停には、なんと弊社最寄り駅の一つである「東京テレポート駅」行きの文字が。。
実はこんなにも身近なところだったようです。

 

ちなみにこのエリア、お蕎麦も有名なようで、アド街でも紹介されていた蕎麦屋でいただいて参りました。
美味しかったです!
次回に続く。

 

(2019.8.6)

 

2019年

1月

11日

新年ご挨拶 2019

新年明けましておめでとうございます。
本年も弊社並びに弊社製品へのご愛顧のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

 



今年は平成天皇ご在位の中では最後のお正月とのことで、新年一般参賀へは15.5万人という平成最高の人出だったとのニュースを拝見しました。
陛下もこれに応えられ、5回のお出まし予定を7回に増やされたとのことで、1933年生まれというご年齢を考えますと、全国被災地などへ慰問されるご様子を拝見してもそうですが、素晴らしいお気持ちをお持ちの方なのだなあと素直に思った次第でした。

以前一度新宿において、美智子皇后を車越しに拝見しました。
夜新宿通りに交通規制が敷かれ、数十メートル間隔で警察官が立ち、何事かとおもったところ、美智子様が車で観劇に向かわれるとのことでした。
通りすがりに拝見しておりますと、ほとんど人通りがない道端へ向かい、ずっと繰り返し頭を下げ続けていらっしゃいまして、その謙虚さに大変驚いた記憶が蘇りました。

今年はいよいよ59歳になられる皇太子殿下が即位され、新しい時代が始まります。
戦後最長の好景気との政府発表に感覚として違和感を覚えますが、豊かになりモノよりも人の内面への関心を高めた世界の多くの方々から、国民を象徴する方のお人柄そのままに日本という国と日本人へ高い評価と、出来ましたら尊敬の念をいだいていただけるような時代となれればと思っております。
そんな気持ちで今年も海外ビジネスへも向かいたいと存じております。

さて、私としましては、例年そうなのですが、お正月三が日はアルコールはいただかないようにしております。
年末に激しく飲んだ反動もございますが、自宅では基本的にアルコールをいただかないこともあり、その動機付けがないためという感じです。
あえて申し上げますと、新年の凛とした空気間の中ですっきりした心持で過ごしたい気持ちもございます!

ということで、今日までまだ1回の飲酒です!
我ながら天晴れ!!
皆様もぜひ「天晴れ!」と言える今年一年にされますよう、祈念しております。
少し無理矢理でご無礼しました。(^^;

(2019.1.11)

2018年

1月

12日

平成30年 新年ご挨拶

明けましておめでとうございます。
新しき平成30年が皆さまにとりまして、心豊かに楽しく気持ちで過ごせる一年でありますようお祈り申し上げます。
また本年も弊社ならびに弊社製品のご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

さて、ついに平成の世も今年で30年。
私にとりまして「天皇陛下」と言われましたら、もちろん「昭和天皇」だった訳ですが、現天皇陛下になられましてから早30年。
小渕恵三さんが内閣官房長官でいらしたときに「平成」の文字が掛かれた色紙を掲げていらした時からですので、時の流れの速さに怖い感じが致します。
ちなみに今朝も通勤で乗りました自転車は、最後の昭和=昭和63年製ですので、まさに平成の時を共に過ごしてきた仲間というところです。
少し回転の抵抗が増してきたようにも思いますが、まだまだ頑張っていただきます!

報道の通り平成の世は来年4月末で終わり、5月1日からは年号が換わる訳ですが、いかなる名称となるか今から楽しみにしております。

 

さて、お正月の食といえば、私はやはりお雑煮です。
昔から通常の味噌味が好きで、毎年味噌味です。
そしてお肉は旨味を取り込みたいのもありまして、合挽を少々。
それをお椀に装ってから柚子胡椒を加えていただくのですが、今年は鍋の段階で柚子胡椒を投入!
素晴らしい香りに包まれ、食欲全開です!
まだお餅が残っているようでしたらお試しください!
ちなみに、柚子胡椒はイオン系スーパーでもお安く販売されていると思います。


それでは皆様、美味しい一年を!
いえ、幸多き一年をお過ごしください!! (2018.1.12)

2017年

12月

28日

年末ご挨拶

皆様年末にあたりお忙しくご活躍されていらっしゃることと存じます。
弊社も本日が年内最終日となりました。
弊社製品をご愛顧いただきました皆様のお陰で恙無く新年を迎えられそうです。
厚く御礼申し上げます。

 

今年はどんな一年でしたでしょうか。
私は結構海外へ出張させていただきました。
日本におりましても多くの海外からの方を見受けますが、地球が本当に小さくなってきてると感じます。

 

 

前回コラムでも書きましたが、年の最後は12月に17年ぶり3回目のインド訪問でした。
東南アジアを巡りますと「美白」という希望が多く聞かれます。
インドでも同様でして、来年以降この美白を見据えた化粧品開発も考えたいと思っております。

 

またアジアにおいてはアトピーの方も増えていらっしゃるように感じております。
この原因の第一は「冷え」と思っておりますが、東南アジアで気になる「強すぎる冷房」が主原因ではないかと疑っております。
もちろん国内でも「冷え」にはお気を付けください。

 

 

昨日弊社工場がある静岡を訪ねましたら帰路につく際には「-2℃」で風が強く、震える思いでした。
爆弾低気圧が北部を襲うような天気予報も伺っております。
この季節に多くの方が各地へ向かわれると思いますが、くれぐれも暖かくお過ごし下さい。
風邪やインフルエンザはもちろん、アトピーなどの予防にもよいと考えます。
「病は冷えから」ともお考え下さい!

 

 

来年もよき新製品にご期待いただき、皆様良いお年をお迎えください。

 

(2017.12.28)

 

2017年

12月

12日

インド

17年ぶりに3回目となるインドを訪ねてきました。
ご存知の通り、インドは国土も約10倍、人口も約10倍の国です。

 

21年前に最初に訪ねた際には、ヒンドゥー教の修業者のサドゥのような方が、身に纏うぼろ布と”哲学者然”とした彫りの深いお顔にて街を歩いている様に、「あなたそれおかしいでしょ!」と声を掛けたくて仕方がなかったことをよく覚えております。
それが私のインドの印象でした。

 

今回はニューデリーなどの都会ばかりでしたので、以前のガンジス川での沐浴で有名なバーラーナシーなどの地方とは異なったこともあるでしょうが、ものすごくインド人が多い「普通の国」という印象に替わりました。
人々の身なり、無数の車、多くの車線、悪い空気。。。グローバリゼーションに飲み込まれている感じです。

 

 

ニューデリーの安ホテルでは8人のチェックインに30分もかかる始末で、事務処理能力が極めて低いフロントの対応に呆れてしまいましたが、ご当人はやはり彫りの深い哲学者のような風貌で「もの凄く真剣に取り組んでます!」と訴えかけられている感じでした。
インド人顔、ずるいです!

 

現地在住13年の方が仰るには、優秀な方はすべて海外へ移住されたと考えた方がよいとのこと。日本人のオリンピック候補者が10人集まって、その中で勝ち残った方々ですので優秀な方は凄まじく優秀ではないかと想像しております。

 

モディ首相が以前州知事をされていたグジャラート州も訪ねました。
スズキや本田など日系自動車メーカーも進出しておりますが、お酒が飲めない州として有名だそうで、私もお陰様で休肝日をいただけました。
「グジャラート健康法」という訳ではありませんが、一年住んで酒断ちが出来れば、5年は長生きできそうな・・

 

 

今回もう一つ印象的だったのは「子供の表情がとても豊かで楽しそう」なことです。
明日に大きな希望が皆にある国はいいですね。
一緒にいるだけで力をいただける気がしました。

 

 

皆様もインドへの旅はいかがでしょうか。
私は空気が悪くてしばらくご遠慮するかもしれませんが。。
お酒の問題ではございませんので、念のため(笑)

 

 

(2017.12.12)

2017年

11月

02日

自転車

自転車が好きです。
自由な感じがとてもよいです。用途別に3台所有しております。
それと動力を使わないところがよいです。
大学の体育では合宿ヨット、免許を取ろうとしたのはグライダー、と海・空のいずれも動力無しを志向しております!
環境を謳う企業はこうでないといけませんよね!

と調子に乗っておりましたら、3年前の夏に日中タクシーにぶつけられて以降、怖くてほとんど乗っておりませんでした。
全く前を見ずに運転しているドライバーがいる、しかも運転のプロともいえるタクシー運転手の方で・・ということですっかり車が怖くなり足が遠のいておりました。

 

 

皆様自転車事故の話をよく耳にされると思います。
巷では自民党総裁をされた谷垣さんが自転車事故が原因で政界引退ということもありました。
道路に出ますと、結構な確率でスマホ片手の運転手も見受けます。
公道を自転車で走るというのは、かなりの危険が伴っていると思ってしまいます。

 

 

しかし、全く車が通らない見晴らしのよいところというのはありまして、久し振り走ってみましたところ、
案の定とても気持ちよい!
そしてとてもスムーズ。早い。
歩いていた時とは全く違う爽快感!

 

 

車齢30歳越えの自転車にも乗りまして、とても乗り易いことを確認しました。
もうパーツはボロボロでスピードも出にくいですが、走り易い、漕ぎやすい。
こちら実は10年ほど前に、駅前に駐輪して飲みに行き、帰りに自転車を置いて帰宅。
そのまま放置状態となってしまっておりまして、気付いたときは約3か月以上経ってから。

放置自転車の保管場に数か月保存され、引き取り手がなければ処分される、そのまさに前日に探しに行き、多くの自転車が保管されている中ですぐに見つけました。
無機物といえども何か私に探させたような印象さえ抱きました。
生き物ではないにも拘らず。やはり運命の自転車なのでしょう。

 

 

大事に、、、はしておりませんが、長く乗っていきたいと思います。
皆様もそういった道具類などございませんでしょうか。
末永いお付き合いをお願い致します!

 

(2017.11.2)

2017年

1月

10日

新年ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
本年も弊社製品をご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

 

 

皆様お正月はどのように過ごされましたでしょうか。
「今年の正月は暖かかった」という話をよく耳にします。
私はと言いますと、年末は忘年会・年越し蕎麦飲み、年始は寝(込)正月でした。

年末は調子よく飲んでいたのですが、30日に寒風に吹かれながら遠距離歩いたからでしょうか、
元旦から風邪症状で出来ることは食べる・寝る・TV視聴だけでした。

 

しかし、年末からよく寝れます。
よく「歳を取ると寝れない」などという話を伺いますが、このところ嘘のように遅くまで寝れてしまいます。
もしかしますと成長してしまうかもしれないほど・・?

 

 

健康を司るのは「食事」「運動」「睡眠」「ストレス発散」と「菌活」だと思っておりますが、
睡眠についてお困りの方が多いと伺っております。
私の場合元々寝付きはよく、眠い時に我慢して交感神経活性化をしなければ、
例え就寝直前にコーヒーを頂いても全く問題なく眠れますが、問題は朝明るくなると起きてしまうこと。
それがこのところお休みの日は10時 or 11時まで余裕で一気に寝れますので、
内臓の疲れも大変癒されます!

 

 

ということは、さらにお仕事=アルコール分解も可能ということでしょうか!?
お陰様で今年も頑張れそうです!

 

 

今年はトランプ氏が米国大統領に就任することもあるのか、
世界の政治経済大荒れの予想を建てる評論家が多かったようです。
猛暑や長雨などによる農作物の被害を「最小限に」抑えられる、
弊社微生物資材を利用した有機農業のように、環境の変に耐えられる力強さを持って、
幸多き一年をお過ごしいただけますようお祈りいたします。

 

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

(2017.1.10)

 

0 コメント

過去コラムはこちら

●2013

●2012